あなたのビジネスについて、インターネットでの活用を
気軽に相談できる人はいますか?

サイト制作・企画・集客・広告に関して、ビビっとくる
ご提案をさせて頂きます。

超ラクラクなサイト運営ツール

サイト管理ツール=CMS

多くのサイト制作の現場では、CMSと呼ばれるシステムを使って制作されます。
CMSとは ”コンテンツ・マネジメント・システム” の略で、HTMLなどの知識の無くてもサイト更新などができるプログラムです。

最も使われているCMS

世界で一番利用されているCMSとしては、WordPressというものがあります。
無料で誰でも利用できて、レンタルサーバなどでは標準で装備されているケースもあります。

非常に高機能なので、WEBサービスなども構築できるシステムです。
プラグインも非常に豊富で機能の追加も自由にできます。

多機能ゆえの落とし穴

ただし多機能な分、実際にはある程度の初歩知識が前提となっています。
初めて使う場合は慣れるまで意外と大変です。

プラグインについても、よくわからないまま導入するとセキュリティ的な脆弱性があったり、操作性が変わって使いにくくなったり、といったことが起こりえます。
WordPressに関する情報は非常に多いのですが、それらの情報を把握しておかないとリスクは高くなります。

企業サイトなどではそれほど頻繁に更新頻度しないケースも多いので、その都度思い出しながら操作する必要があるかもしれません。
専門の担当者がいればいいのですが、そうでないとお知らせを更新したいだけのような場合でも苦戦する可能性があります。
また、システム内部でかなりのプログラムが動いていて動作が重いという面があります。
特に格安レンタルサーバでは顕著です。
そのためWordPressを導入するのであれば比較的安定したサーバを選ぶ必要があります。
※格安レンタルサーバは混み合う時間にはサーバ稼動そのものが鈍くなることも多く、それに加えてプログラム処理が重いとさらに表示は遅くなります。

動作が重いということは、それだけ表示に時間がかかるということです。
もしページが表示されるまでに時間がかかれば当然訪問者を逃がしてしまうことになります。

2回目以降のアクセスではキャッシュという機構が働いて基本的に表示は速くなりますが、初回表示ではそうはいきません。
(そもそも2回目以降の訪問者はサイトの存在を知っている人が多いため、表示の速さは初回ほど重要になりません)
つまり大事なのは初回のアクセスですので、そこで表示が遅ければ非常に不利になるということです。
※実際のページ表示速度は通信回線の速度が大きく関係してきます

サイト更新=コスト?!

しかし、だからといって更新を業者に委ねるのはコストもかかります。
ちょっとしたお知らせや事業活動ページの更新のためだけに費用が発生するのは効率も悪く、自社へのフィードバックもできません。

ラクラクなサイト運営のために

そこで、弊社では独自のシステムを導入しています。
これは「サイト運営を簡単にする」という目的を最優先で制作したものです。

WordPressのような多機能CMSと比べれば機能は劣ります。
といっても、以下の機能はしっかり標準装備しています。
・お問い合わせフォーム
・基本的アクセス解析
・定型書式での記事投稿
・予約配信
・ワンクリックでのバックアップ・復旧
・記事パターンによる投稿設定
・複数管理アカウントでの運用
・一覧ページの表示切替
検索上位表示対策も万全です。

もちろんこのサイトでも使用しています。
しかもプログラム処理が非常に軽く、サーバの動作が重くなることはありません。
そのため格安レンタルサーバなどで複数設置しても軽快に動作します。

弊社では、サイトの目的や用途に見合った最適な活用を踏まえて制作しております。
是非ご検討下さい。
Copyright (c) 有限会社GEN